BLOG

世間話からためになる話題まで
不定期に更新するブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ネットビジネス
  4. 2019年からでもアフィリエイトで副収入は得られる

2019年からでもアフィリエイトで副収入は得られる

そもそもアフィリエイトとは

アフィリエイトとは、情報等をブログに執筆し、広告収入を得るビジネスです。
しかし、ただブログを書くだけでは便利な記事となるだけです。

広告収入を得るためにはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録する必要があります。
ASPは数多く存在しますが、それぞれ広告主が異なる場合があり、報酬形態も様々です。

また、グーグルアドセンスのような広告をクリックすることで報酬が発生するものや
アマゾンアソシエイトのような超巨大通販サイトへのリンクからの購入で商品購入の数%を広告収入として得る手段もあります。

ざっくり言ってしまえば、アフィリエイターとは大きく分けて2種類になります。

  1. PV(ページビュー=ページ閲覧回数)を稼ぐことにより広告収入を得る方法
  2. LP(ランディングページ)で販売サイト等へ誘導し、購入等させることにより広告収入を得る方法

どちらも稼ぐ人はサラリーマンの年収より稼いでますし、逆にサラリーマンより頑張っていても稼げない方もいます。
結構というか、完全な実力主義の世界です。

この記事では、そんな実力主義の世界に挑戦しようと考える方向けの入門記事になります。

アフィリエイトを始める為の準備

ブログを書くためのスペースですが、結構無料で始められるサービスも多くあります。

一番有名なところだとアメブロですかね。
しかし、アフィリエイトで収益を上げている人の大半は無料のブログサービスではなく、自身でサーバーと契約して独自のサイトを作っています。

なぜなら、サイトそのものが消滅してしまう危険性があるからです。

例えば、Yahooブログは2019年12月15日で閉鎖されてしまいます。
これまで何万PVあろうが、12月16日からは0です。
もともとアフィリエイトとしての自由度はとても低いですが、それでも運営側の都合で消滅させられてしまうのは、こういった無料サービスのリスクです。

さらにリスクとしては、それまで検索上位だったサイトが転落します。
リダイレクト設定でごまかしたとしても、100%の引継ぎはできないでしょう。

だからこそ、無料でできるブログサービスは油断できないということになります。
出来ることなら初めから独自ドメインを取得し、低価格のレンタルサーバーと契約して専用のサイトを作った方が、長期的にみると安心です。

ただし、無料のブログと違って完全実力主義の世界です。
アメブロのように日記記事でも多少のPVが稼げるといった甘いものではありません。

自身で作ったサイトは、見る人にとって有益でない場合はいつまでたっても0PVです。

こういわれると非常にハードルが高く感じるかもしれませんが、作ること自体はブログを書き続ける苦労と比べれば簡単なものです。

私は独自ドメインによる独自サイトでのアフィリエイトを推奨していますので、その始め方を簡単に説明していきます。

レンタルサーバーと契約し、ドメインの取得

レンタルサーバーとは、いわばサイトのデータを保存しておくための土地だと考えてください。

私のお勧めは「さくらサーバー」です。
さくらのレンタルサーバー
オススメする理由は、

  • スタンダードプランで月額515円と低価格
  • コントロールパネル(設定画面のようなもの)がわかりやすい
  • 少し前からスタンダードプランでも高速化されてコスパが良い
  • ドメインの管理が簡単

こんな感じです。
特にドメインの管理に関しては、更新料(1年ごとに更新が必要)は定額で、長期的に見れば取得代金最安値のお名前ドットコムより安いです。
ただし、取得代金は割高です。

例えば、aiueo.comのURLを取得しようとした場合
【お名前ドットコム】
取得から1年間⇒399円/年
更新(2年目以降)⇒1,280円/年
3年目⇒2,560円/年
4年目⇒3,840円/年
5年目⇒5,120円/年
最長10年⇒11,520円/年
未確認の為詳細は不明ですが、10年までしか利用できないようです。
その後は再取得すれば継続できるのかな・・・?

【さくらのドメイン】
取得から1年間⇒1,852円/年
2年目以降一律⇒1,852円/年
継続による割増が無く、一律料金です。

このように、長く使う計画があるのであればさくらのドメインの方が安くなります。
ここで注意が必要なのが、試しに安い方でサイトを作り、アクセスが増えてきたら変更すれば良いという考えです。

アクセスが増えたのにURLを変更してしまったら、それまでの検索順位等はリセットされます。
検索順位を極力下げないリダイレクトという方法もありますが、専門的な知識が必要になるのでオススメできません。

ドメインに関してはこのように更新料金や取得料金で考えていますが、全てを最安値で済ませようと考えるのではなく、レンタルサーバーと提携するドメイン取得サービスを利用すれば特に問題はありません。
そういった総合的な判断として、さくらサーバーは使いやすくて料金もお得だと思います。
特に、ドメインは年間一括払いなので、サーバーも年間一括払いで契約してしまえば2か月分お得になるプランなので、月額が約430円にまで安くできます。

サーバーの準備ができたら

サーバーと契約し、独自ドメインを取得したら今度はサーバー設定とワードプレスのインストールです。
※この辺の話は1記事書けるレベルに長くなるので割愛します。

ワードプレスもテーマと呼ばれるテンプレートで自由にお洒落なサイトを簡単に作成できます。
テーマは有料のものもありますが、そこまで高性能にこだわりが無ければ無料で十分です。

足りない機能はプラグインという拡張機能をインストールします。
これもほとんどが無料で十分です。

こうやって、苦労してサイトを用意したところで、まだ準備段階なのですが、大変なのはここからです。

アフィリエイトをする為の記事数を稼ぐ

ASPやグーグルアドセンスなど、多くの場合は審査があります。
当然白紙のサイトや作成途中のサイトでは審査が通らず、広告リンクを貼り付けることすらできません。

そこで、まずは1記事1500文字程度で30記事ほど書きましょう。

これが簡単そうでとんでもなく遠い道のりです。
サイトがある程度完成したら審査を通しましょう。

ただ、グーグルアドセンスはとても審査が厳しく、有益な記事を30記事程度必要としますが、A8netなどは比較的簡単に審査が通るので、5記事~10記事程度でも大丈夫です。

他にも、専門的なサイトを考えているなら記事数ではなく情報量で勝負できます。
私の場合は審査がかなり厳しい非公開ASPとの契約を10記事程度で完了しています。

収益を生むアフィリエイトサイトとは

ここからはサイトの準備ではなく、実際に広告収入を得るにはどうすれば良いかを簡単に解説していきます。

まず前提として、収入につながりやすい専門サイトとしての話をします。

どんな記事を書けば良いのか

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、まずはPVを意識します。
人が来ないとリンクも踏まれませんし、そもそも存在自体誰も知らないサイトになってしまいます。

では、人がどのようなことでネットを利用するのかを考えてみましょう。

ます、仮にあなたは家電量販店で働くサラリーマンだったとします。
家電に関する知識や選び方、新製品と旧製品の違いやメーカーごとの特色に詳しかったとして、その比較記事や新製品の情報を記事にします。

家電を調べる際に最も安易に想像できるのが価格です。
これに関しては価格.comに勝てるわけがないので、安値価格に関しては優先順位が低いです。

ですが、それはお店ごとの最安値探しの価格比較に関してです。
旧製品と新製品の価格比較や、似たようなスペック同士の他メーカーの価格比較ならどうでしょう。

冷蔵庫を買おうと考えた時、パナソニックにするかシャープにするか日立にするか悩む人は多くいます。
そこで、同クラスの製品比較を持てる知識を駆使して記事にするのです。

ついでに、旧製品の情報まで知っていたら、旧製品と新製品の違いや現在の価格比較をすれば、尚有益な情報へとなります。

このように、スマホで検索する人がどのような理由でどのような情報が欲しいのかを考えて記事を書くと、自然に有益な情報へと進化し、PVへつながります。
PVを稼ぐにはこのような検索者目線が大切になってきます。

仕事の知識はネットでは貴重

  • あなたが仕事で何気なくやっていることの技術
  • 自社商品を愛するあまり他社の悪い部分をたくさん見ている
  • 競合他社をリサーチした所感が蓄積されている
  • 自分の仕事のジャンルなんてネットで調べたことすらない

これらは全て無知な私たちにとっては有益になりうる情報です。
さすがにアフィリエイトで月30万以上稼ぎたいとかだと情報以外にも色々工夫したサイトを作らなければなりませんが、月2万程度であれば十分に可能です。

ただ、題材はなんでも良いですが、出来ればジャンルは絞って考えて設計した方が良いです。
家電の記事が多いところに趣味の旅行ジャンルを表示させてもあまり効果が見込めません。

例えば新車の記事が多いところには車に関連する情報やレース情報、交通事故やナビ等の部品情報、はたまた車で行けるオススメスポットに絞った旅行記事
といった具合に整理する必要があります。

アフィリエイトは宝くじやパチンコなどのギャンブルで不確かな臨時収入に期待するものではなく、現実的で継続的な収入が見込めるものです。
中には超巨大な競合相手の存在するジャンルもありますが、無限に存在する検索者のどこかに焦点を置き、今いる中途半端な情報で上位にいるサイトを蹴散らせばマウントを取れます。

このように、アフィリエイトで稼げる時代は終わりつつも、

人間が無償で情報を他者に提供する機会は基本的に悪口が大半

ということを考えると、そんな混とんとしたサイトばかりが上位にいる時代ではないので、まだまだ可能性はあります。
本気でやっても安定した収益が出るまで2年くらいはかかると思いますが、根気強く少しずつ作り上げていけば実現できます。

ネットが有益な情報に溢れることを願って、皆様を応援しております。

ちなみに、クロコnetでは時間を惜しむ方向けにアフィリエイトサイト制作代行サービスを行っております。
⇒アフィリエイト制作プラン

関連記事