BLOG

世間話からためになる話題まで
不定期に更新するブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. WEBマーケティング
  4. アフィリエイトとユーチューバーは少し似ている

アフィリエイトとユーチューバーは少し似ている

アフィリエイトについて

私的にアフィリエイターは大きく分けて2種類います。

1つ目は、
商品やサービスなどの紹介をし、そのブログ等から購入や契約に結び付いた場合に報酬を得るアフィリエイト。

2つ目は、
世の中の話題やアクセスが集中しそうな記事を上げて集客及び、ページ内に貼り付けた広告をクリックさせることによって報酬を得るアフィリエイト。

種類で言えばもっと色々ありますが、最もポピュラーでイメージしやすいと思ったので2種類に絞りました。
もうアフィリエイトは稼げないと言われているほど多くの挑戦者と挫折者に溢れた手法です。

ユーチューバーについて

最近若者に大人気な、ユーチューバーになりたいという夢。
確かに会社などに拘束されず、自由にコンテンツを自分で作って配信し、それでお金持ちになれるというのは魅力的です。

ユーチューバーはYouTubeで動画配信することで広告収入になります。
当然ですが、自分でホームページを作り、そこに動画を貼り付けたところで何百万回再生されようが広告収入は得られません。
あくまでもYouTubeです。

また、最近は広告収入を得るための基準が上がり、簡単には参入できないようになりました。
ユーチューバーで稼ぐためには、相当なセンスと運と努力が必要になります。

アフィリエイトもユーチューバーも広告収入を得る仕事

どちらにも共通していることは、顧客から報酬を得るのではなく、どちらも企業(広告主)から報酬を得るということです。
成果報酬アフィリエイトの場合、10,000円の商品を売っても大体1,000円くらいにしかなりません。

その為、どちらも集客(PVや再生回数など)が重要になってきます。
言ってしまえば、それさえできてしまえば定期的に収入は得られ、副業としても本業としても成り立つという夢があります。

アフィリエイトのここが難しい

「アフィリエイトで稼げる時代は終わった。」

これはよく言われることですが、私としてはそんなことは無いと思います。
それは単純にピラミッドの頂点を目指すものではないからです。

私が得意とするジャンルでも頂点は年数千万円もの広告収入を得ているそうです。
でも、それで諦めたら、検索第一位以外必要ないことになります。

実際あなたが何か買いたいものをネットで調べようと思ったとき、検索で一番上だけ見て満足しますか?
多くの方が他にも色々見るはずです。

それに、あまりに膨大な情報が満載のサイトは見づらいものです。
しっかりした内容でも、1つのページでの滞在時間は5分~10分程度と考えるべきです。

そう考えると、その1商品に対するフォーカスはあらゆる方向から向けられることを想定するのではなく、特定のものに絞った方が効果的と言えます。

・実体験
・ネット口コミ
・ランキング
・類似商品との比較
・マニアックな内容
・企業のPR
等々

これらを一つの記事にまとめたらとても最後まで読める気がしませんし、下手すると内容に矛盾が生じます。

アフィリエイトの難しさは、こうした専門的な目線やWEBの知識、ライティング能力など総合して優れていないと稼げないという部分です。

ユーチューバーのここが難しい

アフィリエイトと違って目に見えるカリスマが存在するユーチューバー。
そのカリスマを目の当たりにし、憧れから始め、実際にユーチューバーになって挫折する。

アフィリエイトはフォーカスを意識することが結構重要ですが、ユーチューバーはフォーカスというよりキャラです。

つまり
ヒカキンと全く同じ内容の動画を上げたとして、それを近所の子どもなどに見せてもヒカキンと同じ評価には絶対にならないということです。

自身の持つ知識や感性を文字にし、ブログに上げるアフィの世界と違って、他人からの評価が密接に関係するユーチューバーの世界は、正直かなりシビアです。
また、顔を出すか出さないかでも評価が変わり、常に他人からの評価を意識しなければならないという難しい職業です。

お金を得ることは変わらないがプロセスが違う

アフィリエイトもユーチューバーも広告収入を得ることで成り立つという点は同じです。
安定してしまえばかなりの大金を楽に手にできます。

しかし、その安定するまでのプロセスが全く異なります。
簡単に言ってしまえば、

アフィリエイトは自分の知識や経験、文章力や編集力、客観的思考や独自の目線など
自身が持つ能力や経験を分析し、役に立つ情報を発信することが成功へのルートになります。

一方ユーチューバーは、外見や内面、企画内容や映像編集など
自身のキャラ設定やアイデアなど数値化できないセンスを映像で表現することが成功へのルートになります。

一見全く異なる両者ですが、似ている点でいえば
どちらも始めるにあたって資格等が無く、比較的簡単に始められるという点です。

時間的な拘束があるものでもありません。
副業としても良いですし、軌道に乗ったら本業としてでも良いです。

それだけ軌道に乗りさえすればある程度安定した収入源になります。
これからの時代、こういった昭和では考えられなかった手段でお金を稼ぐ人たちが存在する時代です。

また、これからやるとしてもリスクの少ない両者です。
ネットの普及で選択肢が無限に広がっていく時代に、是非楽しい生活を!

関連記事