BLOG

世間話からためになる話題まで
不定期に更新するブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マーケティング関連
  4. 商品の価格は写真で決まる

商品の価格は写真で決まる

モノの価値は画像で判断される

今回は
メルカリやヤフオクなどのC to Cビジネス(個人同士の取引)
自社やAmazon、楽天などのBto Cビジネス(企業と個人の取引)
についてのお話になります。

希少価値の高い商品の転売は別として、不用品や自社商品の金額的な価値をどのように購入検討者が判断するのか。

それはズバリ画像です。

もちろん商品説明も重要であり必要ですが、それは情報として必要な部分です。

しかし、その情報は口コミだったり、ブロガーだったり、自分以外の第三者の情報の方が強力です。
それに、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリやオークションでは購入検討者はすでに情報を持っています。

そういった購入検討者に響くものを書くセールスライティングを行うのはスキルと経験と知識が必要です。
可能ならご自身で行った方が良いですが、そこに時間を掛け過ぎるべきではありません。

これは、売れるようにする手法なので、価値を高める事とは少し違います。
もともと売れている商品を、数ある出品者の中から選んでもらうようにするのに必要な技術でもあります。

今回はそういった売るための方法ではなく、数ある出品者の中でも価値が高そうに見えるようにする方法です。
特に競合等が身近にいない場合は、自身の商品の印象を高める方法です。

では、価値を高めるにはどうすれば良いのか。

・当時10万円で買った不用品を10万円に近い金額で売るには?
・3万円の商品を5万円で売るには?

これらの多くは画像が解決してくれます。
実はメルカリでもなんでもこれを疎かにしている人にが非常に多いです。

下の画像をご覧ください。

当時10万円で新品を購入しましたが、3年程度使った時計です。

いい感じに使用感が出ています。
定価は10万円だとして、この画像の感じだとせいぜい3万円ってとこですね。

では次の画像をご覧ください。

いかがですか?
これなら6万円でも売れそうです。

黒背景というのは一見暗い印象を与えがちに思えますが、実は商品に高級感を与える色です。
ダイソンや家電メーカーのハイエンド商品にも結構黒背景は使われます。
特に金属は背景を単調な黒にすることによって、金属の輝きが際立ちます。

したがって、実際より綺麗で高級感のある印象を瞬時に与えることができます。

また、背景の工夫以外にも、隣にもう一つ同ランク程度に見えそうなものも配置します。
そうすることで同じ商品の出品が多くあるメルカリなどでも目立つことができ、クリック率が上昇します。

このように、画像ひとつで商品に対する印象は激変します。
ちなみに、どちらも同じカメラで撮影しています。

この、ちょっと一手間かけることが、商品の価値を高め、思ったよりも高い金額で売る手段になります。
綺麗な外人モデルを起用することも一種の印象操作です。
スポーツウェアなどはマッチョな人が着ていることにより、着用後のイメージやかっこよく着こなした時のインスピレーションを掻き立てます。

ただこれは画像によって価値を高める今回の話とは違いますので、今回は

同じ商品でも背景や撮り方の工夫で価値を高める方法

として頭に入れておくと良いでしょう。

今回は少しざっくりした話でしたが、スマホの液晶もテレビもパソコンもどんどん高画質で鮮明になって来た現在だからこそ、商品画像にはこだわらないとダメというお話でした。

関連記事