BLOG

世間話からためになる話題まで
不定期に更新するブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 理念や心得
  4. 脱サラ・独立・フリーランスで失敗する3つのこと

脱サラ・独立・フリーランスで失敗する3つのこと

今回はフリーランスとしてこれからやろうとする人や、独立するけど前職のコネにぶら下がったままの人についてお話しします。
これらは全て実話であり、私が起業することを全力で反対してきた人たちの話です。

私、失敗しました事例1

Aさんは会社の役員です。Aさんはとても仕事のできる優秀な人でした。
Aさんは常に経営に不満を持っていました。

その不満はもちろん会社の売り上げで私腹を肥やす日々です。
経営者は外車を3年ごとに乗り換え、昼食は毎日高級フレンチや和食レストランです。
営業職に携帯電話すら支給せず、自分たちは毎回新しいiPhoneが出るたび機種変しています。
遠方の出張も従業員は東横インなどのビジネスホテルですが、自分たちは温泉付きの旅館です。

従業員の平均年収は300万未満です。
忘年会や新年会、歓迎会から送別会まで会費制です。

しかし会社は儲かっています。
Aさんは、従業員には最低限の生活をさせておいて、自分たちは
・電車が嫌いだから外車通勤
・安いホテルのベットだと眠れない
・若いころ頑張ったんだからもう土日祝は絶対休む
・みなし残業制だから、残業しない奴は許せない
そんなやりたい放題が許せませんでした。

そして決意しました。会社を辞めて独立することを。

幸い管理職なので様々なコネがあります。
独立後も仕事をくれる人もたくさんいました。

Aさんは会社を辞めました。
自由を手にしたのです。

最初の1年は本当に幸せでした。
・好きな時に仕事をする
・くだらない愚痴や相談を受けない
・誰かの失敗をカバーしなくて済む
・家族との時間がたくさん取れる

まさに理想形です。
しかし、理想形は1年で終わりました。

失敗した原因1

なぜたった1年で地獄を見る羽目になったのでしょうか。
答えは簡単です。

会社では営業がいます。
様々なコネがあったとしても、仕事を取ってくるのは営業です。
Aさんは、コネ業者から仕事を貰う立場で起業してしまったのです。

仕事をしたのはAさんです。
その業者に利益をもたらすのもAさんです。
でも
その業者と関係を作ったのは、Aさんが嫌いな経営者です。
経営者がいなかったらAさんもその業者と知り合っていません。

どんなにコネがあったとしても、結局自分で仕事を取っていなかったのです。
だから、業者の業績が1年後に悪化した時、代わりの業者を探せませんでした。

Aさんは有能です。
コストカットやあらゆる提案、人材育成、人望
とても優れた人でした。
Aさんの為なら休日を投げうって全国に飛び回ってくれる営業マンもいました。

でもそれは、企業だったからです。
独立したら無償で自分の営業をしてくれる人はいません。
別の仕事で忙しい時、同時に他の仕事を取ってきてくれる人もいません。

よく独立するなら「コネとか当てが無いとすぐに借金抱えておしまいだよ。」
という人がいます。
というか、ほとんどが言います。

でも、Aさんが失敗した原因はコネと当てではなく、営業力と多動力の無さでした。

ここで初めて多動力といいました。

業者からの仕事をこなしつつ、様々な業者にコストカットの方法等を指導するコンサルティングも出来たはずです。
他にも経営に深く関わっていたので、経営者向けに有料の講演会も行えるだけの知識と経験と実績があったはずです。

全てを同時にこなせばコネが無くなった後も他の仕事が残っていたはずです。
これが多動力です。
一つのことをやっている様で、実はその業務には多くの異なったスキルが存在しています。

この文章を書くのだってそうです。
・HTMLの知識
・コピーライティング
・検索上位キーワードを盛り込むSEO
・ワードプレスの設置
・WEBデザイン
・サーバー管理
・セキュリティ対策
などなど

これら多くのスキルが無ければ、そもそもこの場所に文章を書く事ができません。
これが例えば、コネでコピーライティングの仕事を受けてたとします。

1年間それしかやらなくなり、多動力も意識しなかったら、書くネタが枯渇した時仕事は消滅します。
そして、当然「コピーライティング出来るから文章書かせて」なんて言った所で新規の仕事は取れません。

その1をまとめます

起業・独立・脱サラ・フリーランスでありがちな失敗パターンその1

・コネや当てがあれば安心だと思う事

広がりの無いコネはコネではありません。
どんな企業でもそうです。
営業が無能すぎる企業は潰れます。

独立やフリーランスに必要な物はコネではなくスキルです。
そして、そのスキルを活用できる場所を探す検索能力(営業能力)です。
さらに、検索能力を実行に移す行動力です。

営業能力とは、飛び込みやテレアポなどの具体的な手段を指しているのではありません。
ホームページから集客できるシステムも立派な営業能力です。
SNSでコミュニティを作って人脈をつくるのも立派な営業能力です。

自分にはどんな検索が得意かで判断すれば良いのです。
ある特定の分野のみで生きていきたいなら資格を取って士業でもやればよいと思います。

そして、その検索能力を知りたがったり、お金を払ってでも学びたいって人がいます。
ならば、本業をしながらセミナーを開けば良いのです。

独立したら自分でビジネスを幅を狭めないように、広い視野を持って何でも挑戦しましょう!

関連記事