クロコnetの制作信念

クロコnetの代表インタビュー
LINE形式でどうぞ

黒子1号
このページではLINE形式でクロコnetの信念を説明していくよ!

石田
クロコnetがどういった事業を行っているかわかると思います!

黒子1号
では、いきなり本題に行きます。
クロコnetってどんなことしてるの?

石田
主たる業務はWEBコンサルティングです。私は会社員時代にWEB広告のセミナーを中小企業の社長向けにしたこともありますし、WEB販促や集客といったネットに関わることは色々協力できますが、ホームページ制作はその足掛かりとして行っています。

黒子1号
なんか仕方なくホームページ制作してるみたいな言い方だね。。

石田
それは違います。私のWEB戦略はホームページの活用が最優先です。最近はSNSのおかげでフェイスブック集客等で成功されている方も多くいますが、美容院や飲食店、企業や個人事業主までホームページの存在はかなり重要だと考えています。

黒子1号
WEB戦略を強化したいと考える事業者の他に、これから新規事業を行う事業者にも良いってことだね!

石田
それだけではありません。すでに事業を行っている通販業者やお店、企業など、顧客目線での販促や集客といった戦略を考案し、事業の活性化を狙います。ただ、ホームページを軽視してサービス向上を掲げている事業者も多いです。

黒子1号
ホームページを軽視するとどんな問題があるの?

石田
BtoCビジネス(企業と消費者の取引)の場合、消費者はアフターサポート以外企業と接触することは少ないです。
かといってネット通販や実店舗、Amazonや楽天等の消費者向けビジネスでは、逆にメールが多かったり、電話の多い営業マンをとても嫌う顧客が多いです。
だからこそ、ホームページに訪れてくれた見込み客をお客様に進化させる戦略が必要になってきます。

黒子1号
でも営業が優秀で、商品やサービスにも魅力があればホームページなんて重要じゃないでしょ?

石田
営業には「人による対面営業」だけでなく「口コミを利用した営業」や「メルマガや広告などの配信営業」など、様々な販売スタイルがあります。
ネット広告も紙面広告も一種の営業活動です。つまり営業活動は信頼関係をつくる上での入り口であり、信頼関係はリピートに繋がります。商品やサービスが優れていても信頼関係が築けないとリピートに繋がりません。

黒子1号
信頼関係とホームページって関連してるの?

no name
かなり関連します。今の時代は気になる商品があればネットで検索します。わからないことがあればネットで解決させます。
つまりホームページで商品やサービスの情報が不足していたり見づらかったらそこに信頼関係は生まれず、口コミサイトなどの第三者情報へ移行します。

黒子1号
企業発信の情報より第三者の口コミ情報の方が信用できるよね。

石田
自分の商品やサービスの詳細を情報操作されやすい第三者に委ねることは戦略でもなんでもなく放棄です。そこからどうやって信頼関係を築けますか?無理です。ましてや悪い評価の方が信用されやすい場合もあります。

黒子1号
だから自分のホームページはしっかりさせないとダメなんだね!

石田
その通りです。もし口コミで悪評が付いたらもうその商品やサービスが終わります。
しかもその口コミはどうすることもできません。

黒子1号
10件の良い口コミより1件の悪評の方が信ぴょう性が高いから信用されやすいしね。

石田
だからこそホームページは誰のために存在するのか意識する必要があります。
口コミはあくまでも口コミとして処理してもらえるようにすることもホームページの重要な役割になります。

黒子1号
ホームページなんて結構多くの企業は名刺代わりにしてると思うよ。

石田
別に名刺代わりでも良いです。それが利用者にとって最善なら。

黒子1号
利用者にとって最善?

石田
利用者が、その事業者は本当に存在しているのか知りたかったらホームページを見るだけで良いです。

黒子1号
それじゃ調査会社とか公的機関とかにしか役に立ってないじゃん!

石田
単に営業日や住所等を教えたいだけというパターンもあります。しかし、
もしホームページを「来てくれた人の為に作りたい」や「事業に役立てたい」と考えるならクロコnetにご相談ください。

黒子1号
せっかくのホームページだからこそ事業の役に立つ形にしていくってことだね!

石田
これが「ホームページの活用」です。
収益を考えたもの以外にも、情報発信を見やすくしたり、伝えたいことをしっかり伝えるといった工夫が必要です。

黒子1号
オシャレなサイトでも見づらかったり、高度な技術で作られてても演出が派手すぎてわかりづらかったりするもんね。

no name
ホームページは自己満足の為にあるのではありません。見てくれる人たちがいることを常に意識することが私のモットーです。

黒子1号
顧客志向の制作ってやつだね!

石田
高額な料金を支払って細かい作りこみをしても検索上位は狙えません。場合によっては利用者にはただ見づらいだけになります。
事業者にとってもホームページはアートではなくビジネスツールです。
ホームページは作って終わりではなく、作った後からが本当の勝負になります。

黒子1号
長い間更新されてないホームページは見ていて何も面白くないもんね。

石田
それはまさに名刺ホームページの典型です。

黒子1号
営業時間や住所などを調べるためだけにあるホームページってことだね!

石田
スマホ対応していないホームページも同じです。利用者にとってはストレスでしかありません。

石田
だからこそ、ホームページ制作やWEBコンサルティングをご依頼くださる方々に全力を出してご提案させていただいております。
相談は無料です。お気軽にお問合せまたはお電話ください。

黒子1号
以上。WEBコンサル×ホームページ制作のクロコnetでした!